認定こども園新宝珠幼稚園

園からのお知らせ

ご入園、ご進級おめでとうございます。

 新しい生活様式で過ごす春がまた、やってきました。 見えないウイルスの予防と共存は想像以上に途方もなく、積もり積もった憂鬱な気分も、もうそろそろ解放されたい!と願う方も多いのではないでしょうか。

 今年度、新入園のお子さんと保護者の皆さんは、慣れないことばかりの生活とともに、新しい生活様式も加わり、大変な思いをされることもあるかもしれません。

 保護者の皆さんもご存じの通り、園での生活は「集団生活」になります。
多種多様なご家庭、ご両親、お子さんが一堂に会する園では、毎日様々な化学反応が起こります。
子どもの好奇心というのは、本当に底が見えませんよね。
今まで見た事ないもの、経験した事のない事にお子さんは園で出会うかもしれません。
また、そういった事が発端のお子さん同士の些細な小競り合いなどは、日常茶飯事です。
園での生活は、お子さんにとっても保護者の方にとっても、嬉しい事、楽しい事ももちろん、複雑に思うことも起きるかもしれません。
そうやって色んな人と関わりあって、折り合ったり理解を深めて子どもは社会性を身につけていきます。
保護者の皆さんも経験がおありだと思います。
しかし、自身とお子さんとでは違ってきますよね。

 そういった困った出来事に、もし遭遇してしまった時。
焦ってしまったり、感情的になってしまう前に、少しだけ、ほんの6秒間だけで構いません。深呼吸などをして一息ついてみましょう。
(「6秒間」は、『アンガーマネージメント』を参考にしています。)
そうすると、落ち着いて考える余裕が、少しでもできませんか?
何でこうなったんだろう?こうだったのかな?ああだったのかな?
この人はどうだったのかな?どういう思いなのかな?こういう立場だったな、こういう背景があったかもしれないな……、そんな風に、俯瞰(ふかん)的だったり、相手の気持ちになったり、冷静に考えてみたりすると、頭の整理ができて本当に伝えたい大事なことを的確に伝えたり、その相手に伝わりやすい言葉選びだったり、相手を思いやる余裕ができたり……、落ち着いた対処ができますよね。

 ほんの些細な事だったとしても、人と人との関わりの中で、時には思いもよらない一大事にまで膨れ上がったりする事もあります。
先の事、未来の事は誰にも分かりようのない事ではあります。
ですができる範囲で、少し先や、背景等、物事を多角的に見据え、冷静に対処して、長引く大きなトラブルなどには巻き込まれないように気をつけていきたいところです。

 現在の情勢ではなかなか気が休まる事もなく、心に余裕がなくなってしまいがちですよね。
そんな時だからこそ、心を落ち着かせて過ごせるように心がけてみませんか?

 春のうららかな陽気は、例年とほとんど変わらず私たちを穏やかな気分にしてくれますね。
咲き誇る桜花と新しい季節に心弾む春。
皆さんが新生活を過ごしやすいよう、園は皆さまと一緒に全力で頑張っていきます。
皆さまも、ご協力のほどよろしくお願いいたします。