新宝珠幼稚園
認定こども園
新宝珠幼稚園

園からのお知らせ

 近年、本当に暑い日が続くようになり、連日全国でたくさんの熱中症者が出てしまっています。
コロナ禍前から身近だった熱中症ですが、コロナ禍になった今ではより、深刻化しています。
というのもコロナ禍による自粛生活の影響で、外出自粛による運動不足、マスク着用によってもたらされる水分補給意識への弊害など、元より発生率の高い熱中症のリスクがさらに高まっているのです。

 先日、社団法人SaveOurKids 教育現場の熱中症対策セミナー事務局開催の熱中症対策セミナーを職員が受講いたしましたので皆さんにもぜひ、大切な熱中症対策の情報を共有させていただきたいと思います。

まず最初にそもそもなぜ、熱中症になってしまうのでしょうか?
それは、高温環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり(脱水)、体内の調整機能が破綻するなどし、熱中症が発症してしまうのです。
室温や湿度が高い環境であれば、例え屋内でじっとしていても熱中症になってしまいます。
対策を知っていれば防ぐことも、応急処置もできますが、最悪、死に至る可能性のある病態です。
決して油断はできません。
日々の体調管理や、対策が実を結びます。

どういった人が熱中症になりやすいか、一覧で見てみましょう。

・脱水症状のある人(下痢症状の人も同じ)
子ども、高齢者(熱中症弱者という)
・肥満の人
・過度の着衣
・普段から運動していない人
・暑さに慣れていない人
・病気の人、体調の悪い人

 上記の通り、子どもは熱中症弱者といい、体温調節機能が未熟で熱中症になりやすく、地面近くで生活しているので、大人に比べて暑い環境にさらされています。
また、子どもの体液は、体重に対し割合が80%程となっており、子どもたちの体は常にたくさんの水分が必要です。そして、生活するうえで、その一定量を維持し続けなければいけません。
ですので、子どもは脱水状態になると熱中症のリスクがさらにぐんと跳ね上がるのです。

 以上のことを踏まえ、熱中症対策としてご家庭で気をつけていただきたいことは、
子どもの脱水をできる範囲で未然に防いであげてほしいということです。

 例えば、熱中症対策セミナー講師 谷口 英喜先生(済生会横浜市東部病院 患者支援センター長 兼 栄養部部長 医学博士)は、日中子どもたちには自由に水分補給をさせてほしいと仰っていました。
子どもの飲みたい時に飲む」が一番大事だそうで、園も先生が水分補給を定期的に促す以外に、園児たちが飲みたい時に自由に飲んでもらっています。
ただ、近頃気候も暑くなってきて、園では、お家から持ってきた水筒のお茶を飲み切り、事務所にお茶を貰いに来る子が連日たくさん来ています。
そんな時は保護者の方も日々園児たちがどれくらいの水分を摂っているのか気になると思いますので、水筒に「◯◯程度お茶を追加しました」とメモを添えて、その時々の時間やその子自身のお迎えの様子に合わせた分量でお茶を追加しています。

 ですが、本当のところは、お家から大きな水筒で十分な量のお茶をご用意いただくのが理想です。
先述にもありますように、やはり保護者の方には園児たちが毎日どれくらい飲んでいるのかの把握をしていてほしい、というのと、飲みたい時に水筒に十分なお茶が用意されているというのがやはり望ましいからです。
 今の園児たちの飲みっぷりを見ていると、これからの猛暑の季節、小学校のお兄ちゃんお姉ちゃんのような大きな大きな水筒くらいでも最適かと思います。
本来、園で用意しているお茶は、水筒の忘れ物や破損でこぼしてしまった等の緊急の場合に用意しているお茶です。園児に提供するお茶は、加熱も必要になり準備に時間がかかっています。
大人数の園児たちが、園でお茶を追加してしまうと、あっという間に園にお茶がなくなってしまい、本当に必要な万が一に備えられません。
本格的な夏に向けぜひ、お子さんの水筒を大きくしてあげてください。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 脱水防止対策で見落としがちなのが、食事です。
脱水症状で重要になるのが水分と塩分なのは、きっと皆さんご存じだと思います。
そして私たちは食事を摂ることで、水分や塩分も同時に摂っています。
セミナー講師 寄本 明先生(滋賀県立大学名誉教授 医学博士)監修の資料によると、

【飲料水+食事からの一日に必要な水分量の目安】
幼児:1kgあたり約90~100ml

(例)19kg(幼稚園児5歳)
1700ml~1900ml必要

となっており、もし、朝食を抜いてしまった場合には
560~630ml程度不足していることになってしまいます。
市販のペットボトルが大体550mlくらいと思うと、相当な水分が足りていない事がよく分かりますよね。

朝食を抜く = すでに朝から水分と塩分の欠乏している脱水状態 なのです。
もし、朝食が食べられなかった日は、登園時に必ず担任の先生にお声がけください。
また、睡眠不足も熱中症を引き起こす要因になります
睡眠が足りていない様子でしたら同じく、必ず担任の先生にお声がけをお願いいたします。

・水分(塩分)
・食事
・睡眠

これらが不足すると、熱中症の危険性が非常に高まります
いつも気にしてくださっているとは思いますが
これからの季節、特に日々の健康管理を気遣ってあげてください。

 そしてもう一つ、脱水予防の他にできる熱中症対策としては、汗をかく練習をすることです。
上記にもあります通り、子どもは体温調節機能が未熟です。
暑さに慣れる『暑熱順化』が遅れたまま暑い環境が続くと、熱中症になってしまう恐れがあります。
連日、熱中症警戒アラートの危険水準ではない環境下でも熱中症が多発しているのは、暑熱順化のできていない子どもが多いからだとされています。

それでは、どうやって暑熱順化すればいいのでしょうか。

短時間でもいいから汗をかくようにするのだそうです。
比較的涼しい日や時間帯に、軽い運動をし、汗をかくのがいいそうです。
具体例に挙げると、10~15分程度でいいので、汗をかく軽い運動を1,2週間程度続けてみてください。
また、2日に1回程度、入浴(湯舟に浸かる)をして汗を流すのも効果的です。
暑い環境から遠ざかると、また体は元に戻ってしまうそうなので、習慣化するのがいいかもしれません。
ぜひ試してみてください。
『暑熱順化』について詳しくは、
https://www.netsuzero.jp/learning/le15 「熱中症について学ぼう:暑熱順化」熱中症ゼロへ
こちらのサイトもぜひ、ご参照ください。

 また、冒頭にも記載がありますがコロナ禍の影響により、さらに熱中症のリスクが高まっているといいます。
というのも、コロナ禍で外出自粛などによる運動不足、基礎体力の低下も熱中症の大きな要因です。 体力がないと当然、免疫力も下がります。
熱中症を対策のためにも、日々運動を取り入れ、基礎体力をつけるようにしましょう。
暑熱順化するのにも、体力をつけるにも、とにかく運動が大事というわけですね。

・水分(塩分)
・食事
・睡眠
・運動

これらを、日々気をつけて、健康管理を気遣い、健康的な夏を過ごしましょう!

 基礎体力向上についてはコロナ禍でなくとも、日々の健康管理に必要なことではありますが、
コロナ禍特有の熱中症の要因としてもう一つ挙げられるのは、やはり「マスクの着用」です。

・マスク内の多湿が原因で、喉の渇きを自覚しにくい
・マスクを外して水分補給することに気が引ける、面倒に感じる

意外にもこういったことも原因で、マスク着用が一般化している今、熱中症のリスクが高まっているようです。
再三ではありますが、脱水症状になりやすいことや、暑熱順化や体力づくりができていないことに加え、熱中症弱者である子どもたちは、本当に注意が必要です。
酷暑の屋外では3密等の感染症対策に気をつけつつ、出来る限りマスクを外して過ごし、こまめに水分を補給するなど、熱中症にも十分に気をつけましょう。

 また、熱中症に関しましては、前述させていただきましたサイトのトップ
https://www.netsuzero.jp/ 「熱中症ゼロへ みんなの力で熱中症をゼロにしよう」
こちらを参考にしていただくのも良いと思います。
大変見やすく、熱中症の様々な事柄を分かりやすくたくさん載せてくださっています。ぜひ、参考にしてみてください。

 大変残念なことに、全国的に感染者数が拡大してまいりました。
まだまだ先の見えない感染拡大に、厳しい酷暑も加わり、今年もほんの少し息苦しい夏になってしまうかもしれません。
ですが、冒頭にもあります通り熱中症に関しては、対策さえ怠らなければ、重症化しないとされています。
熱中症対策をしっかりとして酷暑を乗り切りましょう!
また感染症は、いくら注意深く気をつけていても、誰がいつ、感染してしまってもおかしくありません。
あまり気負わず、できる範囲の感染症対策をしていきましょう。
酷暑もコロナ禍も、保護者の皆さまのご協力があって、園は無事に運営をし続けられています。
いつも園へのご協力ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

園の概要 PROFILE

園の概要

募集要項 GUIDELINE

募集要項

教育方針 EDUCATION

教育方針

施設案内 FACILITY

施設案内

園の一日ONEDAY

園の一日

年間行事予定EVENT

年間行事予定

バスルートBUSROOT

バスルート

課外教室LESSON

課外教室

課内授業CLASS

課内授業

教職員募集RECRUIT

教職員募集

アレルギー対策ALLERGY

アレルギー対策

園ブログBLOG

園ブログ

QアンドA